投稿はレオをタグ付け

LOST CANVAS外伝シーシュポス:逸話10

0

最近、私たちはここで私たちは余分な章では、ポストに行く射手座のシーシュポス、専用の余分なボリュームを提示し、局所的に放出。

ナル
(もっと多い...)

LOST CANVAS外伝シーシュポス:第4章

0

第4章
プロミス

スキャンはフォーラムを完了

ナル

第66章の合計

シーシュポスは彼の兄弟、イリアスライオン、リモートで平和に引退のすべてを放棄する提案にサンクチュアリの最強かつ最も尊敬ナイトの前にある。

シーシュポスはそれを信じることができない。彼の兄弟、彼の教師は、そのような提案をすることはできません。 Alkhesの別の幻想を信じることは彼を攻撃するが、イリアスは簡単に地面に若い射手座を投げ、そのプラズマで攻撃​​をはじく。

今、シーシュポスは、これが彼の兄弟であることを確信を持っていますが、彼の招待は他人を守るためにすべてのコストで拒否したいと思ったが、イリアスは同意しない。 彼はシーシュポスはサンクチュアリを裏切る自分自身を失うための彼の神託を見て、それを受け入れることを望んでいない。 しかし、彼の兄も、森林を荒廃強力な稲妻王冠で彼に従うことを望んでいないと指摘した。

シーシュポスそれが投資し、彼自身の鎧が魂を負傷したと感じているされていますように、その自然そのものが彼に曲がるイリアスの力である。 でもAlkhesは自分の感情を表現することができないためにレオを非難、遠くに知覚する。

イリアスは、再びシーシュポスに、聖域を残して、彼に従うことを彼に告げるが、シーシュポスはあきらめたくない。 AsprosとRasgadoに約束を作り、彼らと一緒に未来を構築しようとする! 私の心の中でこの約束によって、フルパワーでケイロンのライトインパルスを起動しますが、何事もなかったかのように彼の偉大な驚きに、イリアスは私たちの間で歩いている。

彼の選択のために彼を非難、イリアスはシーシュポスdilaniandogli鎧の森の精霊を投げ、彼の第八Vistaのすべての力を最大限に引き出します。 シーシュポスは彼らが苦しむが、それは彼が彼の暗い分身、彼女の兄を攻撃することによってテイクを行っていたような方法を見て、中に提供するつもりとされていません。 彼の偉大な驚いたことに、しかし、イリアスは、ブローのために彼の口から血を吐き、ありません。

ワクワク、シーシュポスはあなたが結核を持っていることを言うことによって応答するなぜ兄弟を、尋ねた。 彼の運命が既に書かれている、感覚を克服するための彼の探求は、ほとんど何年も残ってもはや病気との点に彼の体を圧迫しています。 しかし、地球はそれが別の形で返すことを言っている、それは新たな自己に頼るしたいシーシュポスであり、それがテストに彼を置く、この目的のためである。

シーシュポスは、涙で彼の兄弟の運命を受け入れることができないが、ちょうど来るAlkhesは、彼の世話をし、テストに合格したために賞賛することを約束し、私たちの聖戦のために有益であるOracleと原稿を提供します。 シーシュポスは彼を受け入れ、彼の将来が明るくなると、ピューティアーの未来は私たちの行動に依存したイベントの分岐があると答え、彼はそれを書くために彼の決定であることを尋ねた。 このを意識し、シーシュポスは彼の後継者の世話をするために、そして未来にそれらを導くために、である彼の兄弟への新たな約束を行う。

戻るサンクチュアリで、それはあなたが10年以上の意味を理解していないことを、Oracleは小さなイタリアの町を示していることが判明した。 シーシュポスはRasgadoの会社である間に、同じ期間中に、彼の鎧リングを感じている。 コー​​ルする装甲レオーネです!

Rasgadoは小さいレグルスがまだ生きていることを理解しながら、シーシュポスはその約束を果たすために求めて突入!

レグルスLOST CANVAS外伝:第7章5S +逸話

0

チャプター05S +逸話7

いつものように、ライオンの騎士専用のバージョン単行本dell'Anecdoteに、詩織は(あなたが記事の最後にある参考文献のリンクを見つけることができます)いくつかの余分を与え、余分な章を提供することに加えて、その中にまとめた。

ウェイ

レグルスはただ鎧と熱狂を受けて、彼の新しい家にすぐに開始されます。 、それは彼自身の瞑想のポーズにある、彼の父のためにミスを際立っている姿を降りてくる。 しかし、それは彼の父イリアスが、そのノイズを非難に苦しんヴァージンAsmitaの黄金騎士ではありません。 ヤングライオンは確かに、あまりにも熱狂的で、それを取るとしていません。 Asmitaは彼の上司の一つであるべき敬意の欠如について再び彼を叱る。 全然騎士でより密接に、若い外観を怒らせて、彼は彼より強かった場合は、彼に尋ねたわけではありません。 Asmitaは、彼が直接対決で別の黄金騎士に直面したことがないが、それは確かにある、と主張する。 レグルスは、それが彼にシャーマン父の資質を見ているので、これが真実であることを理解しています。 Asmitaは、新たなレオに感動されていますが、単に第六ハウスにあり、したがって、その下降を続けなければならない人、彼を思い出させる。 レグルスは残すことで謝罪は彼の明るさを保ちながら、Asmita、彼はすべての時間の最も強いCavalire金獅子になる人を知っていたことを理解しています。

参考文献

ENGでの第5S HQ Impaginato; カバー+エキストラHQ dell'Anecdote 7
2013年10月24日のために出版Paninicomics

レグルスLOST CANVAS外伝第03

0

前提

ライオンズクラブ国際協会のスタッフが原因Paninicomicsイタリア語外伝の出版の達成に、クルーがオリジナルの章の日本の完全な翻訳とレイアウトが中断していることが通知されます。
私たちは、ボリュームの購入および読み取りが漫画でまもなく公開される予定のため、いつものように、各章の概要を提示し、詳細な情報、相談することで、今日、そのため、開始 :)

第03
父の影、それを越えるライト

第52章の合計

ヤングは闇の彼の力に負け、主Cruachの城から脱出することを余儀なくされたながら、私たちは、レオーネを残しました。 この弱点を意識し、若い騎士は、彼らが "魔法"と呼ぶものと戦うために彼を教えるためにFailinisを要求します。 Failinisは、戦士としないドルイドはいえ、あなたは光の剣で彼を攻撃して同意します。 結果が正ではないが、レグルス、唯一の彼の見解に害をもたらすことができ、それを把握するには、この電力をよく見を有すると確信させた。 ハーフタイム中、レグルスは、ちょうど彼の父親を失ったにも関わらず、彼は人生を笑って彼自身を強制しようとコナーの姿勢に影響されます。
の後まもなく、彼らはrifiugiatiである、森はうめき声を充填し、二人の若い人たちは、水の盆地の端に涙ながらに幽霊のような洗濯を見ることができます。 コナーは、より密接に見て、あなたはそれが簡単な服ではないことを認識し、それだけにはFailinisはピアスや女性が喪に服していることを水の中に沈める。 女性は人を殺すために、主Cruachによって送信されたバンシー、であることが判明した。 それと彼の攻撃の親指を破ることができなかったレグルスは、彼の二つの新しい友人を救うために森へ逃げる。 しかし、保護するために、それらは多くの場合、女性のショットを提供し、バンシーに直面しなければならない。 疲れ、までは、彼の父の教えを覚えているし、最終的に、彼は何度Failinisを教えしようとしたとして、すべてのものに光の流れを見ることができる。 これを含め、彼の攻撃を受け、これまでアンタッチャブルバンシーの体内でさえ流れを見ることができない。 新しい容量は、新たな技術、バンシーを敗北ライトニングクラウンを披露しています。 しかし、彼の復帰時に、彼は少しコナーの笑顔を検出したが、Lughの最後の子孫を主張するようになった主Cruachは、若いレオーネは彼女を救うことができる?

参考文献

ベースクルーによる第Impaginato前半
LQスキャンと翻訳ENG

レグルスLOST CANVAS外伝第02

2

第02
闇の魔術師と光のメッセンジャー

第51章の合計

レグルスは、彼が一度に感じていた痛みを意識コナーの父、復讐したいと考えています。 しかしCruachは、バロールの力で、それはあまりにも硬い骨を示しています。 レオの若い騎手は予想外の助けを見つける..

(もっと多い...)

レグルスLOST CANVAS外伝第01

0

第01
バロールdall'Occhio悪

第50章の合計

若いコナーは危険にさらされて彼の父に到達するために望んでいるが、彼女は待ち伏せの犠牲者である。 幸いにも彼のために聖域は彼女を守るために、若い黄金騎士を送信しました..

(もっと多い...)

聖闘士星矢オメガ:エピソード10

13

聖闘士星矢Ω

第10話
デスパレートレスキュー! もう一つの黄金騎士!

[決死の奪還! もう一人の黄金聖闘士!]
KesshiなしDakkan! Mōhitoriなし黄金Seinto!

画像:

概要:
5若い青銅は火星のクラッチからアリアを保存するにはバベルの塔泣きますが、新しい聖域の防衛のためにすぐに彼らの手の届かない相手であることを自らを明らかにレオのMikeneです。 それは、人に同じ火星のフィールドダウンは十分ではなかったかのように、しかし...
(もっと多い...)

トップに戻る