第64章

フォーラムの議論

ナル

Shabadabada(...)。

フェルメールのグリフィンと彼のホストは、先に2セントのであり、がんはすでに何をすべきか知っています。 ハデスの側に再び渡す側面を変更!

一輝はショックを受けており、そう簡単には裁判官をきっかけに6を破壊し、幽霊に直面する準備をしているために、適者生存の側にあることを好むがんの説明を受け入れません。 フェルメールは、ライダーの強さに驚きましたが、彼は未来からであり、彼の首を破るする準備ができて、彼の宇宙Marionationで彼を投獄言うとき彼を信じていません! しかし、死者数は忠誠心のテストとして騎士に対処し、彼のシュート、Shabadabadaで別の次元にそれを送信するために求めて、侵入し...

フェルメールが成立し、12家の護衛がんを命じた。 棺...沈黙のおきてを私たちに作るべきか裁判官に尋ねる前に、死者数の同意。 裁判所は、罠に落ちるのだろうか?

共有し、社交的に評価する!